So-net無料ブログ作成
検索選択

<小沢氏聴取要請>首相「必要に応じ自身で判断を」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は18日夜、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体を巡る事件で、東京地検特捜部が小沢氏に任意の事情聴取を求めていることに関し「必要に応じ小沢幹事長ご自身が判断されて説明されることを望む」と語った。小沢氏の判断に委ねながらも、聴取に応じるよう促した。

 首相は「(検察と)戦って」との自身の発言に関し「検察は公正中立の立場で仕事していると信じたいと思う。ただ、幹事長として『戦う』という思いを持っているということだから、『それならば身の潔白を示すためにどうぞ頑張ってください』という意味で言った」と改めて釈明した。【山田夢留】

【関連ニュース
鳩山首相:検察捜査に介入せず 改めて幹事長続投を容認
小沢幹事長:厳戒態勢のなか長崎で集会に出席
虚偽記載:「代表選を意識」石川議員、小沢氏出馬に配慮
虚偽記載:「大久保秘書に報告」石川議員、認める供述
小沢幹事長続投:「検察とどうぞ戦って」首相、一蓮托生

経済、安保で質疑=衆院予算委(時事通信)
ライフル弾は「実弾」=小沢幹事長事務所への送付−警視庁(時事通信)
<ベルリン映画祭>山田洋次監督「おとうと」を記念上映(毎日新聞)
それでも小沢氏絶賛、首相「強い信念の政治家だ」(読売新聞)
「他人のカネだから?」「まあ…」思わず相づち打った元西松部長(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。