So-net無料ブログ作成
検索選択

米軍三沢基地F16、青森空港に2機緊急着陸(読売新聞)

 26日午後4時頃、青森市大谷の青森空港に米軍三沢基地所属のF16戦闘機2機が相次いで緊急着陸した。

 けが人はなかったが、滑走路の安全確認のため、到着便に17分の遅れが出た。

 青森空港管理事務所などによると、2機のうち1機のエンジントラブルが原因。僚機のもう1機も5分後に緊急着陸した。2機は飛行訓練を終え、同基地に帰還する途中だった。

両陛下、みどりの式典にご出席(産経新聞)
郵便不正公判 障害者団体元会長、偽の証明書発行は無罪(産経新聞)
新高速料金「見直さない」=辞任は否定−前原国交相(時事通信)
<南島原市長選>藤原氏が現職ら破り初当選 長崎(毎日新聞)
「雑誌の投稿欄通じ購入」=福岡県警警部補を送検−改造拳銃所持事件・警視庁(時事通信)

寝屋川の女児死亡 懐に飛び込めず見逃す 市と児相 連携、訪問も (産経新聞)

 大阪寝屋川市の岸本瑠奈ちゃん(1)虐待死事件は16日、父、憲(あきら)容疑者(26)と母、美杏(みき)容疑者(27)の逮捕から1週間。2人は、4姉妹のうち三女の瑠奈ちゃんだけを暴行した理由を「一番言うことをきかなかったから」と供述しているという。市は早くから虐待を疑い、府中央子ども家庭センター(児相)と連携。昨年10月、顔のあざを確認し、美杏容疑者が体罰を認めたが、瑠奈ちゃんは保護されなかった。なぜ悲劇は防げなかったのか−。

 市の初めての家庭訪問は病院から瑠奈ちゃんの生後1カ月健診未受診の連絡を受けた2日後。支援の立ち上がりは迅速だった。

 以後、瑠奈ちゃんが意識不明の重体で救命病院へ搬送される1歳8カ月までの間に13回訪問し、うち7回は父母に会えたという。

 瑠奈ちゃんの顔のあざに気づいたのは3回。市と児相は昨年7月22日の会議で虐待を疑ったが、「子育ての実態がつかめない」として判定を見送った。

 市は昨年10月16日、美杏容疑者の体罰を認める話と瑠奈ちゃんの顔の青あざを同時に確認。この時点で虐待と断定し、保護できた可能性があったが、訪問結果を児相へ報告せず、虐待の見逃しにつながった。

 なぜ市はこの結果を軽んじたのか。関係者への取材で3つの要因が浮上した。

 この日家庭訪問した担当者は、それまでの健康増進課ではなく、こども室の職員で、美杏容疑者と初対面だった。前回の訪問時、美杏容疑者から「虐待を疑ってるんか」と抗議され、健康増進課の担当者の訪問を拒絶されたためという。「リスクが高いケース」とこども室に引き継がれていたが、初対面のため、瑠奈ちゃんのあざを確認し、体罰を認める発言を聞いても、危機感を強く持てなかった可能性がある。

 また、訪問の主な目的は、昨年7月中旬に誕生したばかりの四女に乳幼児健診を受けさせることだったという。瑠奈ちゃんより体力のない四女の状態把握に市の関心が向き、見逃しにつながった公算が大きい。

 さらに、昨年7月30日の訪問で瑠奈ちゃんの顔のあざがいったん消えたことを過大評価していた可能性がある。四女の世話に追われ、一時的に瑠奈ちゃんへの暴力が止まっていたという実態への理解が不十分だったとみられる。

 市は「対応は適切だった。最善の努力をしたと考えているが、結果は重大であり、支援の経過を検証したい」としている。

 児童虐待問題に詳しい津崎哲郎・花園大特任教授の話「強制的な調査権を持たない市は、親の反発を恐れてこわごわ接してしまうことがあるが、ときには親の心情を害してでも家庭の事情に踏み込み、措置を取る必要がある。そのためには相手の懐に飛び込む“技”を持った複数の職員が、さまざまな角度から接触を試み、的確な情報をつかむことが重要だ。今回の事例では、担当者同士で、瑠奈ちゃんに対する意識を共有しきれず、うまく情報をつなぎ合わせられなかったのではないか」

普天間移設 辺野古浅瀬案、提案へ 政府、米側に苦肉の策(産経新聞)
日本創新党と「立場違う」=国政とは一線−橋下大阪知事(時事通信)
陸自施設で誘導弾誤発射 群馬 (産経新聞)
殺人 長男が家族5人刺す 父親と乳児死亡 愛知・豊川(毎日新聞)
福祉・医療貸付の継続で意見分かれる−厚労省内事業仕分け(医療介護CBニュース)

航空トラブル エアカナダ機が2度も緊急着陸 成田空港に(毎日新聞)

 16日午後4時50分ごろ、千葉県沖約200キロの太平洋上で高度約9800メートルを巡航中の成田国際空港発カナダ・カルガリー行きエア・カナダ10便(ボーイング767−300型、乗員10人・乗客181人)が、エンジン故障を示す警告が表示されたため成田に引き返し、約50分後に緊急着陸した。点検を終え午後8時20分ごろ再離陸したが、同じエンジンの故障表示が出て、約1時間後に再び成田に緊急着陸した。けが人はなかった。

 国土交通省成田空港事務所や空港会社によると、故障の表示が出たのは2基あるエンジンのうち右主翼の第2エンジン。最初の着陸後の点検で、燃料に混じった異物を取り除くフィルターの目詰まりがあり、フィルターを交換して2度目の出発をしたという。

 同機は当初、長さに余裕があるA滑走路(4000メートル)に着陸予定だったが、直前に着陸した米フェデラル・エクスプレスの貨物機から部品が落下、散乱していたため破片の回収作業でA滑走路は閉鎖されており、急きょB滑走路(2500メートル)に着陸した。【山田泰正、斎川瞳】

【関連ニュース
成田貨物機炎上:機首下げる操作 運輸安全委が報告書
成田空港:着陸のユナイテッド機タイヤから白煙
貨物機炎上:事故から1年 成田で追悼行事
国内空港:甘い需要予測…達成75分の8、成田も43%
成田空港:団結小屋の撤去を命令、地上権認めず…千葉地裁

<女性遺体>ふ頭の頭部、諸賀さんと断定 福岡県警(毎日新聞)
春なのにブルッ…百貨店、コート売り上げ4割増(読売新聞)
名張毒ぶどう酒事件 農薬以外の証拠 弁護団が主張の方針(毎日新聞)
仙谷氏の衆参同日選発言 閣僚から批判相次ぐ(産経新聞)
架空請求詐欺被害が倍増=3月の振り込め−警察庁(時事通信)

<訃報>野崎嶽南さん84歳=毎日書道展名誉会員(毎日新聞)

 野崎嶽南さん84歳(のざき・がくなん<本名・正人=まさと>毎日書道展名誉会員・奎星=けいせい=会顧問)11日、心・腎不全のため死去。葬儀は会長を務める書道会「飛龍会」と家族の合同葬で13日正午、長崎県諫早市栗面町120の1の諫早法倫会館。自宅は同市原口町667。喪主は妻安子(やすこ)さん。

 諫早市出身。故・上田桑鳩、宇野雪村の両氏に師事。64年「長崎奎星会」を結成し、代表に就任。72年に飛龍会と改称。73年から毎日書道展審査会員。96年に文部大臣表彰。

深夜に「1Q84」発売=春樹ファンの期待に応え一部書店で(時事通信)
新党「たちあがれ日本」 喫緊の課題は参院選対策 理念の違いで対立も?(産経新聞)
小沢氏、訪米見送りを正式表明(時事通信)
<雑記帳>静岡県立大の大学院生、伊東温泉で芸者デビュー(毎日新聞)
ネット選挙 民主、解禁へ着々 参院選対策 動画充実で攻勢(産経新聞)

幹事長に舛添氏を…自民熊本県連(読売新聞)

 自民党熊本県連は5日、党の支持率が低迷していることなどから、緊急役員会を開き、党幹事長に舛添要一・前厚生労働相の就任を求める方針を決めた。

 7日に開かれる全国幹事長会議に提案する。

 前川收県連幹事長は「支持率が上がらない現状では、参院選で敗れ党が雲散霧消してしまう。国民の間で支持が高い人を前面に出し、政策を訴えることが取るべき道だ」と話した。

鉄工会社従業員、死体遺棄で逮捕=社長殺害もほのめかす−福岡県警(時事通信)
直木賞作家・星川清司さん死去 「眠狂四郎」脚本も(産経新聞)
衆院に会派結成を届け出=たちあがれ日本(時事通信)
条約の早期批准期待=岡田外相談話(時事通信)
中3女子生徒を大麻所持容疑で逮捕 神戸市(産経新聞)

光明皇后しのび 法華寺で大遠忌(産経新聞)

 聖武天皇の后(きさき)、光明皇后(701〜760年)の1250年大遠忌(おんき)法要が1日、皇后が総国分尼寺として開いたとされる法華寺(奈良市)で始まり、尼僧らが、仏教に帰依し福祉事業などに尽くした皇后の遺徳をしのんだ。

 光明皇后は、今年で1300年を迎えた平城京遷都を主導した藤原不比等の娘。仏教をあつく信仰し、薬を施す施設・施薬院を設けるなど病人や貧しい人を救済した。↓ 聖武天皇の死後に東大寺・大仏に奉納した遺愛の品々は、正倉院の代表的宝物となっている。

 大遠忌の開始を告げる法要では、尼僧らが境内を行列して本堂へ。久我高照門跡らが本尊・十一面観音立像(国宝)を前にし、読経。仏前は厳かな雰囲気に包まれた。

 大遠忌法要は7日までと5月6〜8日に営まれ、奉納演奏なども行われる。

与謝野氏が離党届提出 谷垣氏「残念だ」(産経新聞)
奇祭「強飯式」 日光市・輪王寺三仏堂(産経新聞)
巨大しごと館、厳しい再就職 あす閉館 買い手なく、廃虚化恐れも(産経新聞)
<ソメイヨシノ>東京で満開…平年より4日早く(毎日新聞)
普天間移設、首相またブレるも「大きな話でない」(産経新聞)

核先制不使用は「時期尚早」=防衛研が10年版戦略概観(時事通信)

 防衛省のシンクタンクの防衛研究所は29日、日本周辺の安全保障環境を分析した2010年版「東アジア戦略概観」を公表した。それによると、核兵器保有国が先に核攻撃をしないと宣言する「核先制不使用」構想について、「今日の安保環境を顧みると時期尚早の感がある」と疑問を呈した。同構想は、岡田克也外相が民主党幹事長時代に提唱。外相就任後も、核軍縮・不拡散に積極的に取り組む考えを表明しているが、それに慎重な対応を促した形だ。 

【関連ニュース
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<天草市長選>安田公寛氏が再選 熊本(毎日新聞)
中井氏に厳重注意=平野官房長官(時事通信)
首相「郵政改革、閣内バラバラではない」(産経新聞)
久保が棋王初防衛、九段に昇段(産経新聞)
劣悪施設に受給者、生活保護申請ダメ…大阪市(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。