So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ボーガン シカ死なせた2被告、1人に実刑判決 奈良地裁(毎日新聞)

 奈良市の奈良公園で、シカにボーガン(洋弓銃)で矢を放ち、死なせたとして文化財保護法違反(天然記念物のき損)の罪に問われた津市芸濃町、飲食店経営、稲垣銀次郎被告(40)と三重県亀山市みずほ台、元飲食店員、伊達恵被告(37)の判決公判が18日、奈良地裁であった。畑口泰成裁判官は、稲垣被告に懲役6月(求刑・懲役10月)、伊達被告に懲役6月、執行猶予3年(同6月)を言い渡した。

 畑口裁判官は「計画的で、役割分担をしており悪質だ。奈良の象徴のシカが殺され、地域社会に驚きと不安を与えた」と述べた。

 判決によると、両被告は共謀し、3月12日午後11時〜13日午前0時ごろ、奈良公園内の春日大社境内で、シカに矢を放ち、死なせた。奈良公園のシカは国の天然記念物に指定されている。【高瀬浩平】

【関連ニュース
シカ:奈良公園の頭数当てよう 愛護会がクイズ実施−−正解者にグッズも /奈良
口蹄疫:野生に困った シカなど偶蹄類「対策打てぬ」 /宮崎
日本ダイヤモンドゴルフ倶楽部:野生シカと仲良くラウンド−−那智勝浦 /和歌山
文化財保護法違反:シカ殺害の2被告、金目的鮮明に−−地裁で即日結審 /奈良
シカ食害との戦い /長野

近畿と東海、中四国で梅雨入り…気象庁発表(読売新聞)
<新聞活用実践教室>小中高教諭ら70人参加(毎日新聞)
<ウアルカイシ容疑者>東京地検が不起訴方針(毎日新聞)
インフル定点、やや増加(医療介護CBニュース)
止まらぬ感染拡大、10年前の成功で油断(読売新聞)

私はクリーンと枝野氏、でも小沢氏への配慮も(読売新聞)

 「政治とカネ」の問題にどう取り組むのか――。新たに民主党幹事長の座に就いた枝野幸男氏(46)は7日、東京・永田町の党本部で開いた記者会見で、「私は圧倒的にクリーン」と小沢一郎・前幹事長(68)との違いを強調した。

 しかし、野党側が求めている小沢氏の証人喚問については、「辞任で一定のけじめはつけた」と語り、依然として党内で大きな影響力を持つ小沢氏への配慮もうかがわれた。

 30分にわたった会見では、小沢氏に関する質問が半数を占めた。枝野氏は当初、淡々と応じていたが、小沢氏の証人喚問要求に話が及ぶと「私も弁護士なので……」と語りだし、検察審査会での結論が出ていないとして「法的責任については『防御権』があり、一定の配慮をしなければならない」とした。

 小沢氏の政治倫理審査会出席については、「本人の要望次第。まだ本人からうかがっていない」「具体的にお答えできる段階にはない」と明言を避けた。

 また枝野氏は、同党が政権公約で掲げている「企業・団体献金の廃止」を自ら率先するとして、「今日を機に、企業・団体献金は一切受け取らない」と宣言した。枝野氏が代表を務める政党支部の政治資金収支報告書によると、2008年に企業、団体から受けた献金は計20万1000円。枝野氏は、「企業団体献金はほとんどない。与党の歴代幹事長と比べ、2ケタから3ケタ少ないのでは」と語った。

<民主代表選>菅氏「無限に借金が増える方向ただす」(毎日新聞)
<訃報>伊藤久雄さん85歳=小沢一郎後援会連合会長(毎日新聞)
鳥獣駆除中に猟銃で誤射?2人死亡…京都(読売新聞)
<関アジ>対立していた漁協が「手打ち」 共同休漁の協定締結へ(毎日新聞)
6歳長女の顔を平手打ち 傷害容疑で父親逮捕 栃木(産経新聞)

融資保証金詐取容疑で3人逮捕=チラシ20万枚配布―警視庁(時事通信)

 融資保証金名目で現金を郵送させ、50万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課などは25日、詐欺容疑で、横浜市神奈川新子安、無職金子周平容疑者(32)ら3人を逮捕した。
 同課によると、川崎市幸区のマンション一室の拠点から、融資申し込みを勧誘するチラシ約20万枚などを押収。今年初めにも約20万枚を配布していたといい、詳しく調べている。
 金子容疑者は「何も言いたくない」と供述。ほかの2人は容疑を認めている。 

【関連ニュース
読売広告社の子会社元幹部逮捕=5600万円詐欺容疑
国交省職員、詐欺容疑で逮捕=激甚災害事業めぐり500万円詐取
河川事務所職員、詐欺容疑で逮捕=立木伐採で500万円詐取
宝くじ販売めぐり3億詐取か=会社役員2人逮捕
PC無断購入・転売の職員告訴=被害7400万円に

宮崎県、家畜埋却地買い上げ=優良種牛用に新施設―口蹄疫(時事通信)
お台場でTOKYOウオーク(産経新聞)
[リコール制度見直し]前原国交相「メーカーは随時報告を」(レスポンス)
「大阪を実験に使って」橋下知事、特区構想を力説(産経新聞)
エース「忠富士」殺処分、関係者に衝撃広がる(読売新聞)

497人にフィブリノゲン 国立循環器病センター(産経新聞)

 国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)は21日、昭和55年から平成6年にかけての手術の際、497人の患者に薬害C型肝炎の原因となった血液製剤フィブリノゲンを投与していたことが判明したと発表した。C型肝炎に感染している可能性があることから、保健所などで肝炎ウイルス検査を受けるよう郵送で通知する。

 センターによると、手術や出産をした患者で、フィブリノゲンは止血などのため使われたという。

 平成20年に成立した薬害肝炎救済法は、患者らが金銭補償を受けるためにはフィブリノゲンの使用事実を裏付ける資料をそろえ、裁判所に提訴などをする必要がある、と規定。期限が25年1月までとされたため「きちんと調べるのが病院の義務と考えた」(同センター)とし、手術などを受けた患者約2万8千件のカルテを調査した。

【関連記事】
C型肝炎訴訟で和解 札幌地裁
救済対象外の血液製剤でも感染か 薬害C型肝炎、相談相次ぐ
B型肝炎訴訟 救済範囲、賠償額…道のり険しい全面和解
B型肝炎訴訟 和解勧告に対応定まらぬ国 憤る原告「時間ない…」 
医療現場にもう一つの時間差「デバイス・ラグ」 
中国が優等生路線に?

「陸山会」事件、小沢幹事長が国会で説明へ(読売新聞)
鈴木俊一氏死去 石原知事が追悼 百歳訪問の再会前に…(産経新聞)
普天間問題で首相、改めて「5月末までに決着する」(産経新聞)
劇場効果もそろそろ限界? 来場者も低調に 事業仕分け第2弾(産経新聞)
常用漢字 191字増の2136字 改定答申案決定(毎日新聞)

恒久減税実現に意欲=議会解散へ署名受任者集め順調−河村名古屋市長(時事通信)

 名古屋市の河村たかし市長は8日午後、都内で開かれたシンポジウムに出席し、住民による市議会の解散請求(リコール)に向けて署名集めを行う「受任者」が目標の5000人を上回り、7000人超に達したことを明らかにした。その上で「あとは運と名古屋市民の判断だ。身を捨ててやっている」と述べ、恒久的な市民税10%減税の実現に意欲を示した。
 同市議会は今年3月、同減税条例を2010年度の時限措置とする修正案を可決。あくまで恒久減税を目指す河村氏はこれに反発し、リコール成立に必要な36万5000人分の署名を集める活動を始めた。河村氏は解散すれば、出直し市議選に、定数75人の過半数に当たる38人以上の候補者を擁立する考えも示した。 

【関連ニュース
【特集】トヨタ リコール問題
ブレーキ優先装置を義務化へ=自動車安全法の原案発表
トヨタ、リコール問題で新部署=不具合情報を設計に反映-5月1日付
レクサスSUV販売再開=まずは米国から
減税恒久化には議会解散のみ=河村名古屋市長が就任1年

支持率低下「普天間も要因」=鳩山首相(時事通信)
風俗の女性に勧められ…エリート教頭がハマった「背徳の世界」(産経新聞)
みんなの渡辺氏、検察の捜査は「当然」(産経新聞)
大阪・中国道7台衝突、死亡は長崎の48歳運転手(産経新聞)
性被害、親に言えず…教え子暴行発覚せず20年(読売新聞)

米軍三沢基地F16、青森空港に2機緊急着陸(読売新聞)

 26日午後4時頃、青森市大谷の青森空港に米軍三沢基地所属のF16戦闘機2機が相次いで緊急着陸した。

 けが人はなかったが、滑走路の安全確認のため、到着便に17分の遅れが出た。

 青森空港管理事務所などによると、2機のうち1機のエンジントラブルが原因。僚機のもう1機も5分後に緊急着陸した。2機は飛行訓練を終え、同基地に帰還する途中だった。

両陛下、みどりの式典にご出席(産経新聞)
郵便不正公判 障害者団体元会長、偽の証明書発行は無罪(産経新聞)
新高速料金「見直さない」=辞任は否定−前原国交相(時事通信)
<南島原市長選>藤原氏が現職ら破り初当選 長崎(毎日新聞)
「雑誌の投稿欄通じ購入」=福岡県警警部補を送検−改造拳銃所持事件・警視庁(時事通信)

寝屋川の女児死亡 懐に飛び込めず見逃す 市と児相 連携、訪問も (産経新聞)

 大阪寝屋川市の岸本瑠奈ちゃん(1)虐待死事件は16日、父、憲(あきら)容疑者(26)と母、美杏(みき)容疑者(27)の逮捕から1週間。2人は、4姉妹のうち三女の瑠奈ちゃんだけを暴行した理由を「一番言うことをきかなかったから」と供述しているという。市は早くから虐待を疑い、府中央子ども家庭センター(児相)と連携。昨年10月、顔のあざを確認し、美杏容疑者が体罰を認めたが、瑠奈ちゃんは保護されなかった。なぜ悲劇は防げなかったのか−。

 市の初めての家庭訪問は病院から瑠奈ちゃんの生後1カ月健診未受診の連絡を受けた2日後。支援の立ち上がりは迅速だった。

 以後、瑠奈ちゃんが意識不明の重体で救命病院へ搬送される1歳8カ月までの間に13回訪問し、うち7回は父母に会えたという。

 瑠奈ちゃんの顔のあざに気づいたのは3回。市と児相は昨年7月22日の会議で虐待を疑ったが、「子育ての実態がつかめない」として判定を見送った。

 市は昨年10月16日、美杏容疑者の体罰を認める話と瑠奈ちゃんの顔の青あざを同時に確認。この時点で虐待と断定し、保護できた可能性があったが、訪問結果を児相へ報告せず、虐待の見逃しにつながった。

 なぜ市はこの結果を軽んじたのか。関係者への取材で3つの要因が浮上した。

 この日家庭訪問した担当者は、それまでの健康増進課ではなく、こども室の職員で、美杏容疑者と初対面だった。前回の訪問時、美杏容疑者から「虐待を疑ってるんか」と抗議され、健康増進課の担当者の訪問を拒絶されたためという。「リスクが高いケース」とこども室に引き継がれていたが、初対面のため、瑠奈ちゃんのあざを確認し、体罰を認める発言を聞いても、危機感を強く持てなかった可能性がある。

 また、訪問の主な目的は、昨年7月中旬に誕生したばかりの四女に乳幼児健診を受けさせることだったという。瑠奈ちゃんより体力のない四女の状態把握に市の関心が向き、見逃しにつながった公算が大きい。

 さらに、昨年7月30日の訪問で瑠奈ちゃんの顔のあざがいったん消えたことを過大評価していた可能性がある。四女の世話に追われ、一時的に瑠奈ちゃんへの暴力が止まっていたという実態への理解が不十分だったとみられる。

 市は「対応は適切だった。最善の努力をしたと考えているが、結果は重大であり、支援の経過を検証したい」としている。

 児童虐待問題に詳しい津崎哲郎・花園大特任教授の話「強制的な調査権を持たない市は、親の反発を恐れてこわごわ接してしまうことがあるが、ときには親の心情を害してでも家庭の事情に踏み込み、措置を取る必要がある。そのためには相手の懐に飛び込む“技”を持った複数の職員が、さまざまな角度から接触を試み、的確な情報をつかむことが重要だ。今回の事例では、担当者同士で、瑠奈ちゃんに対する意識を共有しきれず、うまく情報をつなぎ合わせられなかったのではないか」

普天間移設 辺野古浅瀬案、提案へ 政府、米側に苦肉の策(産経新聞)
日本創新党と「立場違う」=国政とは一線−橋下大阪知事(時事通信)
陸自施設で誘導弾誤発射 群馬 (産経新聞)
殺人 長男が家族5人刺す 父親と乳児死亡 愛知・豊川(毎日新聞)
福祉・医療貸付の継続で意見分かれる−厚労省内事業仕分け(医療介護CBニュース)

航空トラブル エアカナダ機が2度も緊急着陸 成田空港に(毎日新聞)

 16日午後4時50分ごろ、千葉県沖約200キロの太平洋上で高度約9800メートルを巡航中の成田国際空港発カナダ・カルガリー行きエア・カナダ10便(ボーイング767−300型、乗員10人・乗客181人)が、エンジン故障を示す警告が表示されたため成田に引き返し、約50分後に緊急着陸した。点検を終え午後8時20分ごろ再離陸したが、同じエンジンの故障表示が出て、約1時間後に再び成田に緊急着陸した。けが人はなかった。

 国土交通省成田空港事務所や空港会社によると、故障の表示が出たのは2基あるエンジンのうち右主翼の第2エンジン。最初の着陸後の点検で、燃料に混じった異物を取り除くフィルターの目詰まりがあり、フィルターを交換して2度目の出発をしたという。

 同機は当初、長さに余裕があるA滑走路(4000メートル)に着陸予定だったが、直前に着陸した米フェデラル・エクスプレスの貨物機から部品が落下、散乱していたため破片の回収作業でA滑走路は閉鎖されており、急きょB滑走路(2500メートル)に着陸した。【山田泰正、斎川瞳】

【関連ニュース
成田貨物機炎上:機首下げる操作 運輸安全委が報告書
成田空港:着陸のユナイテッド機タイヤから白煙
貨物機炎上:事故から1年 成田で追悼行事
国内空港:甘い需要予測…達成75分の8、成田も43%
成田空港:団結小屋の撤去を命令、地上権認めず…千葉地裁

<女性遺体>ふ頭の頭部、諸賀さんと断定 福岡県警(毎日新聞)
春なのにブルッ…百貨店、コート売り上げ4割増(読売新聞)
名張毒ぶどう酒事件 農薬以外の証拠 弁護団が主張の方針(毎日新聞)
仙谷氏の衆参同日選発言 閣僚から批判相次ぐ(産経新聞)
架空請求詐欺被害が倍増=3月の振り込め−警察庁(時事通信)

<訃報>野崎嶽南さん84歳=毎日書道展名誉会員(毎日新聞)

 野崎嶽南さん84歳(のざき・がくなん<本名・正人=まさと>毎日書道展名誉会員・奎星=けいせい=会顧問)11日、心・腎不全のため死去。葬儀は会長を務める書道会「飛龍会」と家族の合同葬で13日正午、長崎県諫早市栗面町120の1の諫早法倫会館。自宅は同市原口町667。喪主は妻安子(やすこ)さん。

 諫早市出身。故・上田桑鳩、宇野雪村の両氏に師事。64年「長崎奎星会」を結成し、代表に就任。72年に飛龍会と改称。73年から毎日書道展審査会員。96年に文部大臣表彰。

深夜に「1Q84」発売=春樹ファンの期待に応え一部書店で(時事通信)
新党「たちあがれ日本」 喫緊の課題は参院選対策 理念の違いで対立も?(産経新聞)
小沢氏、訪米見送りを正式表明(時事通信)
<雑記帳>静岡県立大の大学院生、伊東温泉で芸者デビュー(毎日新聞)
ネット選挙 民主、解禁へ着々 参院選対策 動画充実で攻勢(産経新聞)

幹事長に舛添氏を…自民熊本県連(読売新聞)

 自民党熊本県連は5日、党の支持率が低迷していることなどから、緊急役員会を開き、党幹事長に舛添要一・前厚生労働相の就任を求める方針を決めた。

 7日に開かれる全国幹事長会議に提案する。

 前川收県連幹事長は「支持率が上がらない現状では、参院選で敗れ党が雲散霧消してしまう。国民の間で支持が高い人を前面に出し、政策を訴えることが取るべき道だ」と話した。

鉄工会社従業員、死体遺棄で逮捕=社長殺害もほのめかす−福岡県警(時事通信)
直木賞作家・星川清司さん死去 「眠狂四郎」脚本も(産経新聞)
衆院に会派結成を届け出=たちあがれ日本(時事通信)
条約の早期批准期待=岡田外相談話(時事通信)
中3女子生徒を大麻所持容疑で逮捕 神戸市(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。